<< 8時間の成果 | main | 前進か、後退か、 >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


P.S.アイラヴユー

監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
原作:セシリア・アハーン
出演:ヒラリー・スワンク/ジェラルド・バトラー

[STORY]
ホリーは最愛の夫ジェリーと幸福に暮らしていたが突然の夫の死によって絶望の淵に立たされる。
生きる希望を失い打ちひしがれる彼女の元に消印のない手紙が届く。
手紙の差出人は亡き夫ジェリーで…


###############


普通に良かったです。
観たかったラヴストーリーです。

冒頭からプリプリと怒る妻ホリー。その後を追いながら謝る夫ジェリー。
彼女の怒り方に感じた同族嫌悪;;…判る女性も多いのでは(^^ゞ

それでも言ってくれたジェリーの
『僕の望みは君だ!君の望みは何なんだ!?』
もー…スッゴい泣きそうになりました。素敵すぎます、ジェリー…

文句ばかり言う奥様になる前に、出会えて良かった台詞です。
あのタイミング、あのテンション、全てが完璧でした(´;ω;`)


かなりの期間を置きながら届く、夫ジェリーの手紙に囚われる妻ホリー。
自分の道を歩き出した親友たちも次第に遠退き…一人ぼっちに。
それでも夫の言葉を待ち、前に進むことを決めた妻。
それを迎え入れた大切な人達。

どんなに周りが励ましても温かくしてくれても、結局は自分次第。
自分で道を見つけ、周りと和解した妻の成長も心打たれました。

そして彼女の母親が言った
『一人ぼっちは自分だけじゃない。そう思うと楽になるでしょ?』
この台詞にもかなり感銘を受けました。
てっきり『あなたは一人じゃない。私達がいるわ』とか言い出すかと思いましたが、
"一人"であることを認めたうえでの"一人じゃない"には、もう…



時折入る、ホリーとジェリーの出会いの時の物語。
こちらも素敵なラブストーリーになっていて胸キュンでした。


全てのシーンが繋がっていて、目が離せない、あっという間の物語でした。
126分を短く感じるのは久しぶりでした(´;ω;`)




…結局ハンカチーフはぐしょぐしょになりましたから…テヘ★

スポンサーサイト

  • 2011.01.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク