<< 今でもあなたが | main | マニュアル >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アヒルと鴨のコインロッカー

原作:伊坂幸太郎
監督:中村義洋
主演:濱田岳・瑛太

公開:2007/5/12


###############

これから観る予定の人は絶対読まないで下さい!!…というか、
観てない人も読まないで下さい!これは本当にオススメ映画なので
是非前情報なしで観て頂きたい。














観た?



観ました?






もう後半は驚きの連続でしたね。
まさか河島がドルジ、プータン人だとは思いもしませんでした。

プータン人の話は全部嘘話で河島はちょっとおかしい人?位に考えていたので
ラストまでの覚悟が出来ておらず、私にはとても切ない話になりました。



何を想い、河島は過去の話を椎名にしたのか。
河島はどんな想いで日本語を流暢に話せるまで努力したのか……

最後、河島はどうなってしまうのか。。


あー…せつない。



そんな中で椎名に気持ちが救われた面もあります。
椎名のお人よしさや純粋さがダークすぎない映画にしたんだろうなぁ。
まぁ途中で椎名の存在をまるっと忘れましたけど(・ω・`;)

河島を尾行する椎名が階段下で出したあの声は最高でしたww
大学の掲示板前で同級生と車の話をしていたときの
『えぇ!?車も持ってないのぅ!?』にも半端なく笑いましたけどw



そういえば本屋を襲う時も初見時は椎名のキョドりっぷりに
恥ずかしさというか何とも言えない笑いが起こり、車内で待ってた
河島の笑顔にもただそんな椎名を笑ってただけだと思ってましたが

2回めに観た時には、そんな純粋な椎名の姿に河島はどれほど
癒さたのだろうと思うと、涙が…



『字が読めない』
とわかった上で見直すと、
「だからか!」
と納得する場面もいくつかありますね。





河島が正体を明かしたシーンは、もう息を飲むしかなかったです。
そこで椎名が涙を流しながらの
『プータンってどんなところだろうね』
がまたせつない!!!!!!ってか言葉選びが上手いなぁ、と。。
どんだけ椎名は純粋なんだ(:_;)





これはホント2回観た方がいいですね。
もし1回しか観てなかったらもう一度観てみてください。
見えなかった世界が広がります。








っつか瑛太の演技が凄すぎる。

スポンサーサイト

  • 2011.01.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク