<< そんな時期 | main | 都会で殿方と・弐 >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


久世番子さんサイン会

2009/3/1(日) 14:00〜
浜松町ブックストア談にて先着100名限定


行ってきました!!人生6度めのサイン会withたこさん
ってか意外と行ってた…?

会場へは20分前に着いたのにすでに50人以上が整列。
予約番号は私が7番、たこさんが8番でしたが
こればかりは当日の先着順なのでどうしようもなく。

大人しく並んでいると、いつの間にか、たこさんがスタッフさんにバインダーを渡されて
整理券の裏に為書されていました。
バインダーが1つしかなかったようなので、私は書き終わったたこさんから
ペンとバインダーを受け取り素早く次の女性へ…

…しばらく談笑していたらたこさんの元にスタッフさんが……
『ペン、どうもありがとうございましたf^_^;』


……!?Σ(○Д○;)

…た、たこさんのペンだったの…それ……??


きっと私は顔を真っ赤にして謝っていたと思いますが
たこさんは優しい笑顔で許してくださいました。
『みなさんに使ってもらって良かったですよ』



なんっって良い人なんだーっ!!!(´;ω;`)



そんなことも有り、大人しく二人で漫画読みながら時が過ぎるのを待っていたら
開始5分前に番子さん登場!!拍手でお出迎えでした。

実物の番子さんは眼鏡女子でワンピースをお召しになられ(笑)
自画像に似てなくもないかな…?でも落ち着いた女性に見えました。


そして列は順調に進み、あと3人てとこで私の緊張もピークに!!!!

今作の表紙のゴージャス番子さんの特大パネルと
他社出版の"暴本""番線"が並べられている机の横に
7人のスタッフさんに囲まれて番子さんはいました。


そんな中、笑いながら話してる人もいて素直に感心。
たこさん
も宣言通り笑いを取っていたように見えました。


そしていよいよ私の番…
「宜しくお願いします」と椅子に座る前から番子さん
こちらを真っ直ぐ見て笑顔で迎えてくださいました。

もうそれだけで胸がいっぱいになり口を開きかけても
心臓しか出そうになかったので何も話せませんでした・゜・(ノД`)・゜・。

サインを書いてもらっている最中、唯一話せたのは
番子さんの自画像が口ばしから書かれていたこと(え)

番子さんも想定外の切り口だったのか
「え…?あぁ!そうなんですよ、はい、口から〜(笑)
あはははは、ね、口からなんですよ〜…口からね〜」


いやいやいやいやっ!!ホントにすみませんでしたっ!!
そんな連呼しないで下さい勘弁して下さい(;ω;)


そんないたたまれない時間も、あっという間に過ぎて
最後にプレゼントとお手紙を渡し、番子さんサイン会終了〜ヽ(´▽`)/

もっと話せたんじゃないかと悔やまれますが、こればかりは致し方ない!!
伝えきれなかった想いは、また手紙を書こう…


最後まで笑顔で対応、素敵なサインをくださった番子さんに心から感謝を。

スポンサーサイト

  • 2011.01.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM